北井企画プログラム1 Exhibition and Online Viewing のお知らせ

zenei


2013神戸ビエンナーレ テーマさく”SAKU”
「華 筆踊り墨の華咲く」 194×500cm

前衛書

h30
第37回神戸市民美術展 みなと銀行文化振興財団賞 2012
「調和」 70×170cm
2008 飛雲展 
「My heart」 91×121cm
2015神戸ビエンナーレ テーマ スキ。[SU:KI]
「膨らむ心」 35×57cm

Gallery Talk
前衛書と言うと「何て読むの?」「字じゃなくて絵みたい」という声もよく聞かれます、
「読む」という意識から抜け出し、文字の概念を超えて心の眼で感じとっていただく書の芸術です。

書において全ての要は線であると考えます。生きた線、線を効かす、線質、そして余白とのバランス、これらを念頭において息を整え いざ筆をおろすときには無心になります。
たとえ意図して書いても思う通りにはいかないのが前衛書。偶然と必然が織りなす墨の芸術。

構成、線質、筆勢などに注目すると作品が見えてきます。
日々古典臨書や稽古を重ねながら文字だけにとらわれない視覚の美を求めて創作を続けています。

2020年9月 兵庫県書作家協会70周年記念 ー2020 令和からの発信ー 「兵庫の書展」
「心の波動」 37×50cm  
2016新春の書展「白亜の記憶」
2013 えと&小品展
「幸運のleaf」 29×18cm

Gallery Talk
掛け軸の美しさ、先人の知恵なる機能美には深く感銘を受け特別の思いがあります。
前衛書、現代書を掛け軸に仕立てることも自身のテーマの一つとしており2015年の個展(ー筆の向くままー書画展)では掛け軸作品を多数発表しました。
過去に4年間表装を習い自身の表装作品数点を併せて展示。
裂地や軸先等素材にも深く関心があり、裂地から受けるイメージで作品を書くこともあります。


飾っていただいたお写真の中から