suiboku

水墨画

書と並行して絵を描くのも小さいころから大好きで父にデッサンを教わりました。
書は鍛錬で絵は癒しだったのかもしれません。
書にはない緻密さを表現することに惹かれています。
白い犬を飼っていたことから 『白い紙に白い犬を描く』 ということが小学生のころから自分の中で持ち続けているテーマになっています。
書のお稽古の合間に書き損じた紙に落書きを繰り返していたのが私の水墨画の始まりです。
年老いてきた愛犬の表情やしぐさを描きとめておきたくて夢中になっていくうち書道からのスピンオフ的展開となりました。
2013年日貿出版社より画集「わんことにゃんこの水墨画」を出版。
動物たちの光を放つ澄んだ瞳に魅了され瞳が語る何かを描き出すことに主眼を置いています。
思わず顔がほころんで優しい気持ちになれるような絵をそして心に響く書を書いていきたいと思っています。

Gallery Talk
私の水墨画は自由に私流で描いています。
水墨画というより墨と筆で描くデッサンという方が近いかもしれません。
白色は使わず墨と水だけで描いています。
瞳の輝きや極細のひげなども全て描き残すことによって白を生かしています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: g44.jpg

皆さまから頂いたお写真の中から

 人物が写っていないものだけを掲載しています