Old Black Joe

亡くなって4年が過ぎましたが 今日は父の誕生日だった日です
父のコレクションだった蓄音器を鳴らしてみました~♪♪♪~
いつも父のそばで見てるだけで一度も触らせてもらったことがなかったので
見よう見まねで少しずつ思い出しながら・・・まずは新しい針をセットして・・

e19

右側面の穴にレバーを差し込んで20回ぐらいまわしてみる

e20

前の扉を開けると中はスピーカー

中のボタンを移動してスタートです

Old Black Joe

chabinmamaさん(@chabinmama)が投稿した動画 –

B面は「Oh! Susanna」でどちらもフォスターの歌曲

Of Susanna

chabinmamaさん(@chabinmama)が投稿した動画 –

スピーカーの扉でしか音の調節ができなくて結構大きな音!!
父にも聞こえていたでしょうか~~♪♪♪

“Old Black Joe” への4件の返信

  1. やまちゃんさま  おはようございます
    電気の力がなくても音が出るなんて不思議ですが、
    この時代だと電気の方が不思議な存在だったのですね~
    父のレコードにも歌謡曲や軍歌や浪曲などあるようです。
    蓄音機とラジオと壁掛け時計を部屋いっぱいに飾っていたのに
    今はこれ一つしか残っていません。
    思いのほか大きな音だったので、ご近所に漏れていないかと恥ずかしいでしたが
    なかなか味わい深い音がしました。

  2. コドモ・ドラゴンの父さま  おはようございます
    左手にiPhoneを持っての撮影で手ぶれがひどくお見苦しいのに加えて
    ダイレクトに投稿せずにいったんパソコンに送ったので
    圧縮されて前後がブツ切れてしまいました
    知識と技に欠けるのでこういうところが思うように出来なくて残念です

    扇風機よりも大きな直径のホーンがついたものもあったのですが
    すごくかさが高くて場所をとってました 
    そういうこともあってこちらを残したのかもしれないですね。
    レコード盤の素材が硬くて重くて2㎜以上の厚みがあって
    枚数がかさむと重くてたまりません。
    結構な枚数が残っているので段ボールに全部入れるとびくともしないほど重いです
    どんな曲があるのかいつか全部広げてみたいなぁとは思いますが・・・♪♪

  3. おはようございます。
    蓄音機、懐かしいですね。
    当方にも父が愛用していた蓄音機がありました。
    レコードは、浪花節、歌謡曲などいろいろあって、今も記憶に残っています。
    戦後の食糧難の時期にいろいろな物と一緒に処分して、今は残っていません。
    惜しいことをしたなぁと、今になって思い出します。

  4. すばらしいーっ!!
    こういうのを見ると黙ってはいられなくなります。
    おっと、chabinmamaさん、おはようございます。

    古い蓄音機というと上のほうにラッパのようなホーンの付いたタイプを思い浮かべることが多いと思いますが、より家具調に寄ったデザインにするために、箱の中に入れてしまったというタイプですね。
    ということで、音を出すのはスピーカーならぬ『ホーン』です。
    電気を使わずに、アコースティックな仕組みだけで大きな音を出した先人達の知恵と工夫に脱帽です。
    こんなに良い状態で保存されているのには驚かされます。

    フォスターの曲もいいですよね。どれもメロディーがきれいで、現代の作曲家達も見習って欲しいです。
    "Old Black Joe"は黒人霊歌のイメージが強いですが、メロディーのしっかりした曲はどうアレンジしてもいいですね。
    "Oh, Susanna"も歌の無いインストゥルメンタルですが、もちろん歌があって、出だしが"I’ve come from Alabama, With my banjo on my knee"なので、バンジョーをフィーチャーするアレンジは王道ですね。

    いいものを見せていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA