北井企画プログラム1 Exhibition and Online Viewing のお知らせ

魔女のほうき

7月に入り「お絵描きモード」から「書モード」に切り替えて久し振りに物置のようなアトリエに入ると 蜘蛛の巣やらありんこやらよくわからない小さな虫やら バルサンでもしたいけど 今日のところはあきらめてお掃除をしました
巨大な筆たちにもほこりがかぶっていました

もう二度と使わないからどこかの学校に寄付しようかと思っていた巨大筆をもしかしたら近々使わなきゃいけないかもしれなくて非常に憂鬱です
これが私が持ってる中で一番でっかい筆です

d496

一緒に写っている小さい筆は普段のお稽古に使う一番普通サイズの筆
この巨大筆が墨を吸うと本当に重くて 腰が痛くなるので滅多に使いません
馬の尻尾の毛が使われていて直径10cm 毛の長さ29cm

その次に大きな筆は5つの筆が連なった形の五連筆(ごれんぴつ)

d497

またがったら「魔女の宅急便」のほうきみたいです
いろんな巨大筆があるのでもっとご紹介したいですが 数えてみたら29本もあるので・・・またいつか

目次
閉じる