白鷺

昨日の続きで 仏教会館からもう少し川をさかのぼって歩いて行くと
阪急芦屋川駅に着きます
駅から北側を見ると すぐそこに山が迫って見えています
六甲山の源流から河口まで8km程なのに
源流の標高は800mもあり上流はかなりの急流です

今週末はお花見の人でいっぱいになるので 昨日のうちに歩いてきました
d236駅から少し北に歩くと川の中に白鷺がいました
シラサギはず~っと昔から常にこの川のどこかにいます
d235

写真は全てiPhoneで撮ってるので遠すぎてピンボケです
シラサギは川の中に入って根気よく餌を狙っているようです

オイカワ・カワムツ・ヨシノボリ・ムギツク・ドンコ・オヤニラミ・アマゴ・アユ
などの魚が生息しているそうです
ムギツクは上流でたくさん見ることができます
夏には橋の上からゲンジボタルが見られます

“白鷺” への4件の返信

  1. コドモ・ドラゴンの父さま  こんばんは
    私は彫ることよりも石に絵を下絵を描く方が難しく思いました。
    イラストっぽい小さな印なら下絵もなく直接彫ったりしますが、
    あんな大きな景色や建物は初めてなので鉛筆やマジックペンで石に描きました。
    何しろ「はんこ」なもんだから押せば左右反転するわけです!
    そこで、時々鏡に映して確認しながら描いたりしたのに
    彫り始めたらなかなか下絵通りに彫れるものではないので
    結局はぶっつけ本番でどんどん変わって行ってしまうし
    でも、字を彫るのとは違って先生に見ていただくわけでもないし
    全く自由勝手に彫れば良いのでストレスもなく夢中になります

  2. う~む、本当にすごいなあ。
    あのごついツールを見ていると、こんな繊細な線が信じられません。
    頭の中に捕らえた全体像を、最も良く表す線や形は何か?を指と言うか、手が知っているという感じですね。
    私がやったら、細かいところに入り込んでしまい、動きの感じられないものになってしまうのは間違いないです。
    あっ失礼。こんにちは。

  3. デボラさま   こんにちは
    写真は一昨日撮りましたが、印は以前に彫ったものです。
    この大きさだと集中すれば1日でも何とかできますが、
    家のことや他にも用事がいっぱいあってなかなかそうもいきません。
    2~3㎝角の小さなものなら2時間ぐらいで彫れます。
    この頃は時間があれば絵を描いていますが、またそのうち印も彫っていきたいです。
    ありがとうございます。

  4. おはようございます、chabinmamaさん 毎日
    出歩いてそして制作?普通に描くだけでも
    うまく描けないのに 能無しの私には驚きです、
    作品楽しみにしております、デボラより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA