師匠とのわかれ

10日ほど空いてしまいました
数々のメッセージやメールをいただき
有難くて手を合わせておりました

師匠のお葬式や従姉妹の七七日法要が行われた後に
お世話になった方の訃報と親せきの訃報もあり
昨日と一昨日はPAPAの実家の遺品整理もあって
多くの故人をお偲びした10日間でした

更新もしようとしたのですがすぐに行き詰ってしまい
書き始めることが出来ませんでした

身内のことならまだしも 師匠となると
どんな内容の投稿をしても不謹慎な気がして
日が過ぎるにつれてますます何も書けなくなりました
でも このことにちゃんと向き合って書かないと
これから前に進めない気がしていました

「35年も師事していると親子みたいでしょ!」
とよく言われましたが全くそうではありません
先生はとても厳しい方で
お会いする日はいまだに緊張していました
作品が下手でも叱られることはありませんが
礼儀や義理・不義理 道義的なこと ことばの受け答えや筋が通らないことなど
誤りがあると瞬時にビシッとズバッと正されます
口下手でかなり上がり症の私はますますビクッとします
高校卒業後も毎週会えるようにと友人に誘ってもらったのが始まりでした
幼少のころから中学まで書道教室に通っていたので
何の抵抗もなく友人に会うのが楽しみで入会させていただきましたが

何年たっても ごく最近まででも 先生の前では背筋がピンとなり緊張しています
優しい人は周りにいても 厳しくビシッと叱ってくれる人はなかなかいないと思っています
それでいて情にもろくてお人好しの先生なのです

交通事故で大けがをされてから次第に筆を持たなくなられて
いつの間にか 毎月のお稽古に通っているのは私一人になってしまいました
数年前に高齢者用マンションに移られてからも
作品を持って行けば見ていただけますが
私が不真面目であまり書いていかないので
ほとんどはお喋りだけしていたり
折り紙を教えていただいたり…
という二人だけのほのぼのしたお稽古風景でした

一人暮らしの先生の食卓の壁には
私が裏打ちした先生の書作品と
私が描いたちゃびんちゃんの絵が飾られています

そんなに親密で母と子のように見えても
やはり緊張感はずっとありました

国語の教師でもあった先生は根っからの教育者で
看護師さんに対してでも間違ったことにはビシッとおっしゃっるので
先生らしくてクスッと笑ってしまいます
入院中は娘同然の姪御さんが
毎日のように遠くから通って来られてましたが
年末に姪御さんの近くの病院に転院されました
私はその2日前にお目にかかったのが最後です
「作品締切もせまってるし 先生に見ていただかないと自信がなくて手本書きも出来ないし
締切にも間に合わないし あれもこれも出来ないことばっかりなんです~~~!!!」と
あろうことか病床の師匠に泣きごとを言うと
片手をゆっくり動かしてヤッホーのしぐさをされたので
耳を口元に近づけてみると やっと聞こえるような小声で
「ガンバレー」
とおっしゃったので胸が詰まりました
お正月は越せないだろうと伺っていましたが よく頑張られました
謹んで追悼の意を捧げます

最期まで出来の悪い生徒でしたが
入院されてからもたくさんお目にかかれたし これからも見ていてくださると信じています

前衛書作家の先生ではありますが 私は先生の仮名作品が大好きでした
1月に丁度いい作品を所有しているのでご紹介します(30年程前に書かれたものです)
d24

あらたまの としたちかへる あしたより
またるるものは うぐいすのこえ
後になりましたが お邪魔させていただき元気を頂戴したBLOGの皆さま
ありがとうございました
また 訪問すると必ずこちらにも来て下さった方
全く更新していないのに毎日覗いてくださった方
言葉を超えた励ましをいただいてる気がしました!!! 深く感謝申し上げます
長々とすみませんでした  次回からまた普通に戻ります!

“師匠とのわかれ” への2件の返信

  1. 一番お礼を申し上げたいしましま隊長さま
    何度もいらしてくださってずっと励まされている気がして本当に嬉しいでした。
    ありがとうございました!!!
    随分重たくなってしまいましたが気のせいかスッキリして一歩踏み出せた感じがします。
    かわいい隊員のみなさまにも毎日癒していただきました
    新しいトンネル楽しそうでしたね
    一緒に入ってみたいです
    みなさまにもよろしくお伝えください

  2. chabinmamaさんこんばんは!
    そしてお帰りなさいです!

    今日の記事を拝見し、
    何とコメントをさせて頂こうかと迷いました。
    chabinmamaさんのお気持ちがズッシリと伝わりました。

    どうかご無理をなさらずに。
    何の力にもなれませんが、
    私はずっとここにいますので・・・。

    大変な時にもかかわらず、毎日ご訪問いただき
    本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA