巨大紙

今日は長女と二人で半日人間ドックの予約をしてたのに
サボれない招集がかかり 私だけ来月回しに
メニューには含まれてないと思っていたのに
バリウムを飲んだと長女に聞かされて
来月が一気に憂鬱になりました
今日行ってしまいたかったなぁ~

元町で会合の後は三宮へ戻り
別の用事で急いで大阪へ
滅多に梅田まで出て来ないので
せっかくだからついでにもうひと駅環状線に乗って
福島駅の書道具店まで足を伸ばしました
駅の改札には七夕飾りがありました
今日は七夕だったのをすっかり忘れていました
d509本日の買い物のひとつ!! これは宅配便で送れないと言われて
電車の扉にぶつかりながら苦労して持ち帰ったのは巨大画仙紙です

d511

畳よりも長い194㎝ そして長さは5mもある超巨大紙が5枚入ってます
9月から始まる神戸ビエンナーレに大作を出品せよ!との指令を受けて
何をどう書いたらよいのか途方にくれながら先ずは材料の確保から!
駅前にとめていた車に積み込もうとしても
後部座席から対角線に突っ込んで 助手席前方まで無理矢理押しこむ有様
あさってには更に幅140㎝のものが宅配便で届きます
何を書くのか しかもどこで書くのか
バリウム飲むよりもっと憂鬱です

“巨大紙” への6件の返信

  1. しましま隊長さま  こんばんは
    やっぱりダメですか
    とてもあんなに飲み込めないですよね
    私はすっかり忘れてましたが 最初に胃を膨張させるお薬を飲まされたそうで
    もうその時点で吐きそうだったとか
    げっぷをしちゃダメっていうのも無理難題ですよね
    あ~~~いやだなぁ~~~8月13日の予約なんです~~~(`^´)

  2. こんにちは~!

    私もバリウムだめなんです
    まず第一に、カップを持った感じが
    見た目よりはるかに重いので不信感が煽られ、
    飲み下すには濃厚すぎるし、
    ○○フレーバーとか言われても粉っぽいし、
    「飲んだら必ず出し切らなくちゃイケナイような金属」
    と思うと、体中で拒否してしまいます

    台の上で転がされているうちに右左がわからなくなるし、
    終わったらお腹は重くパンパンでしかも汗だく・・・。

    イヤですよね~~~

  3. コドモ・ドラゴンの父さま  こんにちは
    暑いですね
    この巨大紙は手漉きではありませんが厚めの和紙なので 墨を自然に吸ってくれます。
    コピー用紙はつるつるしていて吸わないので 墨が紙の上で池になってしまいます
    そういうのをねらって書く場合もあるかもしれませんし、
    塗料で書いたりするなら洋紙もアリでしょうね。。。
    縦2.6m以内、横5.1m以内というプロジェクトで 今までに書いた事のない大きさに困惑です
    私の中では絵は楽しみであり 書は鍛錬です 
    今回は筆も荷も重過ぎです

  4. chabinmamaさん、おはようございます。
    これだけ大きいと、紙とは言え重そうですね。
    ちなみに、A4のコピー紙は1枚が約4gだそうです。
    その同じ質の紙だとしても、194cm×500cmだと620gにもなってしまいます。それを5枚だと約3kgですね。
    画仙紙って、コピー紙と較べるとどうなんですか?
    先日の巨大筆といい、書道って、実は体力が必要なのかもしれないですね。
    筋骨隆々たるマッチョでないと書を極めることは出来ない、なんてことになったら目も当てられないですよね。

  5. 仙人さま  おはようございます
    凡人の私は日ごろの修行を怠り とてもバリウムを克服できそうにありません
    過去に1度だけ飲んだことがありますが ホントにまずくて
    長女も何か味はついてたけどセメントか石膏を飲んでるみたいだったと・・・
    しかもその後の下剤が効きすぎて 外出先でお腹は痛いし吐きそうで
    緊迫状態の連続だったとか・・・
    聞けば聞くほど・・・・・引く
    注射とかされると 呼吸できてません
    血液検査のとき 毎回 声を出さずに顔で「あ"――――っ」って叫んでいます
    全く修行ができてません

  6. おはようございます

    バリウムは、結構美味しいですよー

    仙人は、結構好きですけど

    一度、回転台に乗って、映りが悪いから、もう一杯飲まされたことが、ありました。

    バナナ味みたいなもんが、あって。

    味を楽しめば、いいのかも?

    仙人は、注射も大好きやし。

    ちょっと変わっているのかな?

    まー、お気楽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA