古いミシン

昨日届いた食器棚の中に食器を入れたり下段用に整理ケースを買って来たり
放り出していたものを何とか並べて 一応見た目だけは落ち着いてきました

思い出の食器棚がリメイクできたところでもうひとつ義母の想い出の品
15年ほど前になりますが 遺品整理で
PAPAのお母さん愛用のミシンを譲ってもらいました
私もミシンは持っていましたが
貴金属や装飾品をいただくよりもミシンの方が姿が目に浮かぶからです

d199 d200

とても古くて 機械は三菱なのに木製のケースは「FUKUSUKE」となっていて不思議!
この木製ケースは壊れて変形してガタガタだったので
あちこち修理をしてくれるところを探して元の形に直してもらいました
でも専用の鍵が見つからないので金属が飛び出たままになっていて
完全に収めることが出来ません
骨董市などで たまに探して買ってみますが 大きさなど想像で選ぶので
どれも合わないものばかり!
d201

古いミシンですが 電動の伝わり方がまるで手動のようで
気持ちと同じように動くのでちょっと感動
返し縫いが出来ないのが不便ですが 押さえが重く縫い目がきれいなので今も現役です
義母はとても多趣味で 何でもできるスーパーお母さんでしたから
長女にピアノの発表会のドレスをあっという間に縫ってくれたり
姉妹おそろいのお洋服を縫ってくれたり
誕生のお祝いにはパッチワークのおくるみも作ってもらって
それぞれ今も大切に持っています

d204左は長女 右は次女に♥ 

“古いミシン” への4件の返信

  1. しましま隊長さま  こんばんは
    私も足踏み式ミシンの方が、速度調節がしやすく結構使い勝手が良かったように思います。
    このミシンの電動はそれにすごく近い感じがあって、足でコントローラーを踏むと
    足踏み式と同じように「カタカタカタwwwww」と電動とは思えない音を立てて進みます。
    今のすぐれものミシンは音も静かですごい機能が満載で
    まるでミシンとは別物のようですね! 私にはとても使いこなせそうにありません。
    でも何かを縫って作るのは楽しくて、いったん始めると夢中になってしまいます。

    それにしても しましま隊長さまがクラス一のミシンの達人でいらしたなんて
    これはすごくレアな情報ですね!!!

  2. こんにちは~!

    私も小さい頃は祖母に着るものをたくさん作ってもらっていたそうです。
    祖母の家には業務用のミシンがあり、
    私の母を含めた4人の子どもを育てるのに活躍したと言っていました。

    それとは別にもう一台足踏み式のがあり、使い方を教わりました。
    小学校の家庭科の授業で、なぜか足踏み式ミシンを使わされ、
    クラス全員がブーイングの中、私ひとりで異様に操作がうまかったのを
    覚えています(笑)

    つい最近まで現役でしたが、さすがに部品がもうないらしく、
    残念ながら退役してもらいました。

    私にとってミシンとはあの足踏み式です(笑)

  3. コドモ・ドラゴンの父さま  おはようございます
    足踏み式のミシン! 懐かしいです!! 私もよく遊びました!!!

    電気の力を借りなくても動くものには愛着がわきます。
    電気で動かすようになった途端機械から離れて電化製品というくくりに。。。
    時計だったら自動巻きとクォーツのような感じ。。。
    でもギターには電気の力が必要不可欠でしたね!!!
    やっぱり電気の力は偉大でした。
    なんだか話が的を得ていませんね。

    あの足踏み式のミシンを机にリメイクしたものを時々見かけます。

  4. chabinmamaさん、おはようございます。
    昔の人って、なんでも自分で作っちゃうというのは当たり前だったんでしょうね。
    私の母親も、しょっちゅうミシンに向かっていました。私は、母の作る服の、肩のところがちょっと膨らむのがいやで、せっかく作ってもらってもすぐに着なくなってしまった記憶があります。
    でも、古い足踏み式のミシンは格好の遊び場になっていました。いまでも実家にはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA