七夕の思い出

昨夜の雷と豪雨もやんでさわやかなお天気になりました
夜は が見えそうです

七夕というと長女が幼稚園の頃のことを思い出します
幼稚園で作って持ち帰った七夕飾りをそろそろ処分しようかと持ち上げたら
隠れていた1枚の短冊がひらりと裏返り 何か書いてあるのをそのとき初めて見つけました

読んでビックリ\(◎o◎)/!
「わたしはひとりっこになりたい」って書いてあったんです
PAPAと二人で「ど~しよう~いまさら~~」と途方に暮れる始末
二つ下の次女に手がかかっていたので
お姉ちゃんは何かと不満をかかえていたのでしょう

その前から家族で何度も話し合っていたこともあり
その後まもなくしてピレニー犬のみるくちゃんを迎えました
'93.7.19-2まるで白クマのような 雪人形のような 純白のふわふわでかわいい女の子でした
3枚とも生後一カ月半の写真ですが おとなのウエスティよりもはるかに太い足!
b88  b87

みるくちゃんとその3年後に迎えたちゃびんちゃんのおかげできょうだいが増えて
子供たちのいろんな不満が解消され 長きに渡りとてもよい環境だったと思います
b7  b6
でも明らかに後からの二人の方が大切にされていたと娘たちは感じていたかも…
今思い出してもあの短冊に書かれた文章は衝撃でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA