一周忌

今日は19年目になる阪神大震災の日だったので
神戸市役所周辺では追悼の行事や集会があり
朝早くから夕方になっても絶え間なく歌や音楽が聞こえていました
私にとっては 1月17日は昨年亡くなった師匠の命日でもあります
何年も前から筆を持つことをすっかりやめてしまわれたのですが
80を過ぎても手先が器用で几帳面で頭のキリッと冴えた師匠は
デイサービスに行っても多くの人の顔と名前をすぐ覚えてしまったり
みんなでやる折り紙も すぐに本を見なくても折れるようになって
家に帰って次々難しいのを折ってはプレゼントしてくださいました

d998

この豆紙袋 私にも折り方を教えてくださいましたが
結構複雑で何度やっても全然覚えられませんでした
何で角がピシッと尖ってないの!!  と度々叱られて~

d997

上のような複雑なコースターと入れ子の小箱でも
少しの狂いもなくビシーッと完璧な仕上がりが流石です
もう二度と戻ってこない大切で懐かしい時間・・・・・
35年間師事しても何一つ師匠を超えられず 寄り道ばかりしていました

“一周忌” への2件の返信

  1. コドモ・ドラゴンの父さま  こんばんは
    家は少し落ち着いたころに工務店さんに来ていただきました。
    窓やドアなどがきっちりと開閉出来ているから
    家そのものは大丈夫だということであちこち補修はしましたが
    半壊の診断までは出なかったのでそこまで大事には至ってなかったようです。
    でも今度大きな地震があったらうちが一番先につぶれてしまいそうです
    今年、工務店さんが家の様子を見に来てくださることになっているので
    久し振りなので念入りにチェックしてもらおうと思っています。

    昨日は市役所向かいにある事務所で県展準備作業をしていたので追悼の歌や音楽を聞いていました。
    家は修理ができますが 修復することができない深い悲しみもたくさん経験しました。

  2. chabinmamaさん、こんばんは。
    冷蔵庫が倒れ、ピアノも動いて食器も散らばりとのことでしたが、家そのものは大丈夫だったんですか?
    倒壊はまぬがれたもののダメージは大きかった?
    そしてその後、耐震の補修等もされたのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA