ふるせの釘煮

昨日の晩御飯はPAPAと合流してお寿司屋さんへ

大将のお母さんお手製のくぎ煮をお土産にいただきました

e174
去年と同じ記事内容ですが 毎年頂くお母さんの釘煮は
年を越したふるせのいかなごで作る巨大釘煮なんです
大きいので上手に炊くのは難しいのですが
食べ応えがあって味わい深い絶品です!!!

“ふるせの釘煮” への4件の返信

  1. コドモ・ドラゴンの父さま  おはようございます
    母が釘煮を炊いていた頃は、いかなごの入荷に並んで大量買いしたり
    あちこち知人に送るために荷造りして郵便局に持ち込んだり
    3週間ほど私は雑用の方でかかりっきりで実はまいっていました。
    こちらでは郵便局に行くといかなご配送用のシール容器と段ボールのセットまで売ってます。
    この時期あちこちからも頂戴しますがあの大きな釘煮は寿司中広のお母さんのしか
    まだ見たことがありません。
    そうそう!! そちらの話題になりますが、ここのお寿司屋さんは
    大将と奥さまが独身の頃から一緒に旅行したりとても親しくしていただいてるので
    子供が小さい頃からでも気軽に通ってたんですが
    初めてのお寿司屋さんって確かに緊張して勇気がいりますね。
    どこに行くにしてもお稲荷さんの美味しいところがいいですよね.

  2. chabinmamaさん、おはようございます。
    確か昨年もいかなごの釘煮の話題を取り上げていましたよね。
    実を言うと、この年になって初耳だったのでwebで調べたり、周りの人に聞いてみたりしました。
    兵庫の郷土料理なんですよね。
    その後何ヶ月かしたら、東京のスーパーでも兵庫県産の釘煮が並んでいて、ああこれかと思った次第です。

  3. 仙人さま  こんばんは~
    仙人家の今日のおやつも魅力的ですね~
    エッグタルトは大好きなので京都でも大阪でも見たら即買いしてしまいます。
    次女は神戸元町で買って来てくれました。
    ラジオ体操のご褒美に買ってくれたのではないようですが、
    珍しくちゃんと続いている分ご褒美を食べ過ぎてることはうすうす自覚しています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA