できそこない

かれこれ30年以上は前に彫ったできそこない

e552
このころはバードカービングにハマっていて
いくつも彫ってはあちこちもらわれていって
初めて彫ったこのできそこないだけがぽつんと残ってます
(何しろ首が無い)

“できそこない” への2件の返信

  1. コドモ・ドラゴンの父さま  こんばんは
    木彫りは全くの素人なので東急ハンズかどこかでキットを買って
    出来あがりの写真を見ながら好き勝手に彫ったものです。
    だから木材が何かはわかりませんし脚と止まり木は付属品でした。
    石のハンコもそうですがバリバリと彫るのは大好きなんです。
    粘土細工等も含めて造形的なことが好きです。
    学校行事のバザーで散々作らされて嫌いになったのは「刺繍」で
    苦手なものは奥さまお得意のかぎ針編みです

  2. chabinmamaさん、おはようございます。

    こういうこともやっていたんですか?!
    細い脚の部分なんか難しそうですね。
    木材は何を使うんですか? 固くて重い木なんでしょうか?
    釣り好きのPAPAさんの獲物の魚を彫るフィッシュカービングという道もありましたよね。
    うろことかとても難しそうですが・・・・。
    ああ、そうか、絵にしてもカービングにしても柔らかい毛の感じを表現してみたいということですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA