つけペン

年末に向かいお歳暮の時期でお礼状を書いたり 年賀状を書いたりと
あらたまって文字を書くことが多くなってきました
年賀状はパソコンで というのもこの時代なら普通かなと思いますが
感謝の気持ちを伝えたいお礼状は手書きで書きたいところです
あらたまって書くときには毛筆でも書きますが 大抵はボールペンで
そしてときどきはつけペンで書くことがあります

硬筆のお稽古に私の師匠はつけペンで書くことを勧めていました
インクをつけすぎると 太く書こうとしたときに 紙の上にボタッと落ちてしまったり
薄い紙だとペン先が刺さってすぐに破れたりと 慣れないと書きにくいかもしれませんが
文字の太い細いがきれいに出せるので つけペンを使いこなせるように!!
と言われてきました

長年愛用のつけペンとインク瓶d817

ペン軸は錫製で 七宝の飾りがついています
年代物のインク瓶の蓋にも七宝の花飾りが施され
インクはほんのり香水のような香りがします
背筋を伸ばして インク瓶にペンをつけて 落ち着いて書き始めると
師匠が丁寧に手本を書かかれる姿が浮かんできて 静かな時間が流れていきます

d815

硬筆のお稽古にはこれを使いなさいね
と大量にいただいたペン先も残り6個になってしまいました

“つけペン” への2件の返信

  1. 仙人さま  こんばんは
    図面を書かれる方の字は読みやすくてきちんとした字形のイメージがありますね~
    やっぱり仙人さまは字がお上手だったんですね~~
    特に習ったりしなくても整ったきれいな字が書ける人には
    全く太刀打ちできないと思っています
    私は習っていてももともとが雑なのであまりきちんと丁寧に書けない方なんですよ
    胸のポケットから万年筆を取り出してきれいな字で署名とかされたら
    もう目が釘付けになりますね~

    筆記具には目がないのですが…前からのあこがれの万年筆があまりにも高すぎて
    普段ボールペンやシャーペンを使っいて万年筆はあまり使わないので
    永遠にあこがれのままになりそうです
    仙人さまは万年筆が似合いそうですね。

  2. こんにちわ~

    もうこの時間、晴れてへんけど

    つけペンってなんか懐かしい気がします。

    ぺんの良さもあるけどねぇ~

    なんか最近、ええ万年筆が欲しいようになりました。

    使う機会もなかなかないけど・・・

    ええ万年筆は、値段もええし

    仙人、自分で言うたらあけんけど

    字が綺麗ってよく言われます。自慢かぁ~

    特に数字は、手書きの頃、図面を書いていたので

    今や、3D-CADで誰が書いてもみんな同じでつまらん

    そう言えば、小学校頃、ペン字でなんか賞を貰ったような・・・

    自慢話ですみませんでしたぁ~

    仙人、自信がないもの、あれへんしぃ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA