さくらの木の下で

今日から新年度ということで 連日桜の花を横目で見ながら
あくせく走り回っているのですが…
市展の会場費を支払いに行ったら 市民会館前の川沿いは
お花見客でいっぱいでした♪♪♪d242

昨日までの印は大きくて彫るのが大変そう~
と思われてしまったかもしれないので
今日はもっと簡単に彫れるものをご紹介します

d238

女の子はそれぞれ2㎝角の石に彫っています
桜の花は複雑そうに見えますが 花と花びらとつぼみの3種類を彫って押していますd243(大きさが分かりやすいように単3電池を置いています)
花は1.2㎝角 花びらとつぼみは7㎜角の石に彫りました
小さいので同時に見つけられるように同じ石の両側に彫っています
この3種なら彫るのに1時間もかからないし 好きにレイアウトして
葉書や入学祝の祝儀袋など いろんなものに押せて重宝します

“さくらの木の下で” への2件の返信

  1. コドモ・ドラゴンの父さま  こんにちは
    実はこんなマンガっぽい絵を落書きするのが小さい頃からの癖というか習慣というか・・・
    どの教科書にもノートにもこんな落書きがいっぱいでした
    そんな落書きがそのまま使えるのでハンコにはまったのかもしれませんね!
    たくさん彫りすぎて石の詰まった重い箱がいくつも積み上げてあります

  2. なるほど、これは別々に彫ったものをレイアウトしたものなんですね。
    それにしても花びらが舞うところとか、二人の少女がコミュニケーションしているところとか、動きが感じられるし、ほほえましい作品です。
    こういう葉書を受け取ったら、ほのぼのとして来そうです。
    この少女は、娘さん達のイメージかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA