目線の先は?

展覧会シーズンで何かと慌ただしくなる秋
落ち着いて書く時間がなくなってくると
それに抵抗するかのように絵を描きたくなります

きっと書は中断できないけれど
絵は途中でやめてもまた後日続きが描けるからでしょう

わずかな空き時間にちょっとだけでも机に向かっていると
充実感が得られてストレス解消になります

以前個展案内状に描いた猫ちゃんは誰でしょう
というクイズを載せていましたが

今年のクイズは
猫ちゃんの目線の先には何がある ?又は何がいるでしょう?

e479
まだまだ日にちも場所も未定なのですが
きっとこれが案内はがきになりそうなので
答えはずっと先に葉書が出来でからです

次回展に向けてなかなか重い腰が上がらないので
こんなクイズで自分を追い詰めているのかもしれません

このところ天使のようなCONGAちゃんが
脳裏に焼き付いて離れないので
描いてるうちに似てきたかもです

桃子先生お大事に