早春の句

お雛祭りも過ぎたので軸を掛け替えました
今回は前衛書の創始者上田桑鳩(そうきゅう)先生の書です
(兵庫県三木市吉川町出身)
偉大な先人の書を飾ると身が引き締まります

e1063   e1064

『土ひねる手に早春の陽を覚え・鳩』
書も絵も陶芸も愛された先生のお人柄がうかがえる一句
180㎝もある長~いお軸です
長くて普通の風鎮をつけると房が床についてしまうので
房のない鯛形水晶の風鎮を選びました
たい焼きがぶら下がってるみたいでかわいいです

e1070

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA